/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > 事業者向け情報 > 農業・漁業 > 農業にかかわる水資源の概要

農業にかかわる水資源の概要

宮古地区の水事情について

古来、宮古島は「非常に水の乏しい島」として位置づけられてきました。
これは、島全体がサンゴ礁の隆起してできた非常に透水性の高い琉球石灰岩からなり、降水は直ちに土壌面から浸透して地下水となるためです。
 したがって、年間2,200mm(3.6億トン)もの降水がありますが、そのうち40%(1.4億トン)が豊富な地下水として地下を流れています。

全国と宮古島の水循環比較

地下ダムの立地条件と宮古島

地下ダムは、地下水の流れている帯水層を締め切ることにより地下水位を堰上げ、その水を揚水して利用しようとする施設です。
 したがって、地下水が流れる帯水層とその下部に水を透さない不透水層の存在が必要ですが、宮古島は水を透しやすい琉球石灰岩と水を透しにくい島尻層からできています。
帯水層を締め切るには不透水層が谷状になっていることが必要であり、宮古島の場合は断層によっていくつもの地下谷が形成されています。

宮古島市地下ダム資料館

宮古島市地下ダム資料館では、世界ではじめての大型地下ダムの建設技術や構造、地下水のメカニズムを映像やナレーションで、わかりやすく解説しています。
さらに、水に関する情報を、光による演出効果や参加体験型の装置で紹介しています。
地下ホールには、宮古島の地層断面模型(10分の1)を再現し、地下深度70mの実物ボーリングコアー等を展示しています。

地下ダム資料館

料金のご案内

一般

通常: 300円
団体: 250円

学生(高校生・大学生)

通常: 200円
団体: 150円

児童・生徒(小学生・中学生)

通常: 100円
団体: 50円

(注) 団体は15名様以上

開館時間のご案内

夏期(4月~9月)

9時30分~18時15分

冬季(10月~3月)

8時30分~17時15分

休館日

毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

交通のご案内

アクセス

宮古空港から県道78号線で城辺福里地区へ車で25分、福里バス停(東平安名崎向け)50mを右折し、施設案内標識に従い進むこと約5分。

お問い合わせ先

宮古島市地下ダム資料館
〒906-0103 沖縄県宮古島市城辺字福里1645-8
電話: 0980-77-7547