/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2011年度 > 津波警報が発表された場合は、ただちに避難!

第69回 防災一口メモ (2012年2月)
情報提供:宮古島地方気象台

津波警報が発表された場合は、ただちに避難!

津波は引き波(引き潮)から始まるとは限りません

津波はいつも同じ状態の波が襲って来るとは限りません。一度引いてから押し寄せてくる津波もあれば、いきなり高波が襲ってくる場合もあります。

海底付近の地殻で地震が起きると海底で隆起と沈降が発生します。この時、海底の隆起した場所では海水が突き上げられて押し波となり、海底の沈降した場所では海水が引き下げられ引き波が発生します。この押し波と引き波は周辺へと伝搬でんぱんして行きます。

下図に示すように、A地点の海岸では押し波(高波)が先に来襲し、B地点の海岸では引き波(引き潮)から始まり、その後から押し波が来襲します。

押し波と引き波(イメージ図)

宮古島地方でも過去に津波による災害が発生しており、1771年の「明和の大津波」では、八重山地方で9,000名余、宮古島地方で2,500名余の方が亡くなっています。

事前に地域の避難場所を確認しておき、津波警報が発表された場合は、ただちに避難してください。津波注意報が発表された場合は海岸から離れる等、身の安全を図ってください。

「地震だ! 津波だ! すぐ避難!」を常に心がけ、自分の身を守りましょう!

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

防災メモ