/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2013年度 > 台風に備える

第85回 防災一口メモ (2013年 6月)
情報提供:宮古島地方気象台

台風に備える

~情報を効果的に利用して、災害から身を守るために~

台風の監視

気象庁では、北西太平洋と南シナ海に発生する熱帯低気圧を常に監視しています。
24時間以内に台風になり、日本に影響を及ぼすおそれがある場合には、「発達する熱帯低気圧に関する情報」を発表します。

台風情報

台風が発生すると、台風の位置、強さ、大きさの実況や予報に関する台風情報を発表します。早期の防災準備活動を支援するために、5日先までの進路予報を発表し、台風が日本に近づいたときには、各地域に3日先まで「暴風域に入る確率」を発表します。各地の気象台では、気象庁本庁が発表した情報をもとに担当する地域の特性などを加味して「台風に関する気象情報」を発表します。

台風予報の発表例

台風予報の発表例(左:3日先までの予報、右:5日先までの進路予報)

台風に関して気象庁本庁が発表する気象情報の流れ

関連リンク

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

防災メモ