/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2017年度 > 「風速○○m/s」ってどれくらい?

第134回 防災一口メモ (2017年8月)
情報提供:宮古島地方気象台

「風速○○m/s」ってどれくらい?

 「明日、予想される最大風速は○○m/s」「台風の中心付近の最大風速は○○m/s」などとよく天気予報で聞かれると思いますが、風速○○m/s といわれても、あまりイメージがわかない方が多いのではないでしょうか。今日は、身近な数字に置き換えて考えてみましょう。

 風速は、大気(空気)が移動する速さをいい、秒速(1秒間に何m移動したか)で表します。例えば、風速10m/sであれば1秒間に10m移動した(する)という事になります。ということは、10秒あれば、100m移動できます。リオオリンピック陸上競技男子100mの優勝タイムが9秒81ですので、風速10m/sはオリンピック選手並みのスピードという事になりますね。
 また、猛烈な台風の最大風速は55m/sを超えます。55m/sですので、1時間(3,600秒)では198,000m(宮古島から西表島を越える距離)を移動します。見慣れた単位(時速)に換算すると198km/hです。新幹線並みの風が吹き荒れている事を想像すると、「猛烈な台風」というのがうなずけますよね。

 では、これらの風から受ける力(風圧)はどのくらいになるでしょうか。1㎡あたりの風圧の計算式は、『風圧(kg重/㎡)=0.05×{風速(m/s)}の2乗』で表せます。たとえば、大人の体の前面積(風圧を受ける面積)が1㎡あるとすると、風速10m/sの風から受ける風圧は、
『0.05×10×10=5』、5kgの風圧を受ける事になります。暴風警報の基準である風速25m/sでは約31kg、風速55m/sでは約151kgの風圧です。これではとても立ってはいられませんし、吹き飛ばされてしまいます。建物のドアや窓、自動車が受ける風圧も同じ事です。台風が接近する際は、風圧に耐えられるようしっかりと補強をし、不要不急の外出は控えるようにしましょう。

強風イメージ画像

イメージ画像_自動車横転

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

宮古島地方気象台ホームページ http://www.jma-net.go.jp/miyako/このリンクは別ウィンドウで開きます

防災メモ