/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2017年度 > 沿岸の海域では、これから春先にかけて 強風・高波に注意が必要です

第138回 防災一口メモ (2017年12月)
情報提供:宮古島地方気象台

沿岸の海域では、これから春先にかけて 強風・高波に注意が必要です

 春先にかけてのこの時期、前線や低気圧の通過後は西高東低の冬型の気圧配置となり、大陸高気圧が張り出し強風、高波による海難事故が多くなります。注意報・警報、気象情報を活用して海難事故を防ぎましょう。

 表は、気象要因による冬季から春先(2012~2016年、11~4月、気象庁災害報告より)にかけての沖縄県内での海難事故の発生件数です。
 2012年~2016年の5 年間で、沖縄では冬から春先にかけては、海難事故が15 件発生しており、12月は7件と最も多くなっています。このうち、宮古島では、11月1件、12月3件、1月2件の計6件が発生、内、3名(行方不明含む)の方が犠牲となっています。
 宮古島地方気象台は、急な風の強まりや急な波の高まりが予想される場合、注意報・警報や情報を発表し注意を呼びかけています 。

気象要因による沖縄県内の海難事故件数(表)

なぜ冬季から春先の強風や高波が危険なのか

 図は、宮古島地方を低気圧や前線が通過する前日と通過後の天気図です。低気圧や前線の通過前は、南よりの風で海も比較的穏やかな状態ですが、通過後は北よりの風が急に強まり、波も急に高くなって海はしけます。その後も、強風が続き、2 日程度は「しけ」や「波の高い」状態が続きます。

天気図

注意報、警報、気象情報の活用

 強風や高波時には注意報、警報を発表します。また、予想で急激な風の強まりや波の高まりが顕著な場合、2 日程度前から、「強風(又は暴風)と高波に関する宮古島地方気象情報」も発表します。
 マリンレジャーや船舶など海での活動の際は、事前に気象台ホームページなどを使って、必ず気象情報の確認をお願いします。

注意報等発表情報のイメージ図

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

宮古島地方気象台ホームページ http://www.jma‐net.go.jp/miyako/このリンクは別ウィンドウで開きます

防災メモ