/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > バックナンバー > 緊急地震速報利用の心得

第14回 防災一口メモ 
情報提供:宮古島地方気象台

緊急地震速報利用の心得

「緊急地震速報」って何なの?

「緊急地震速報」とは、大きな揺れが来る前に「これから、大きな揺れがきます」と、お知らせする情報です。数秒~数十秒前にお知らせすることで、その時間を活用して机の下に身を隠したり、火の始末をする、などの「防災行動」をとることを可能とする情報です。
気象庁では、今年の秋から始める予定で、みんなにも知ってほしい大事な情報です。

「緊急地震速報」が発表されたら・・・

テレビなどで、お知らせします。数秒間で、あなたができることを考えてみましょう。

「強い揺れがきます」 そのとき、あなたはどこに・・・?

家庭では(これが、基本!)

  1. 頭を保護し、大きな家具からは離れ、丈夫な机の下などに隠れる
  2. あわてて外へ飛び出さない
  3. その場で、できるなら火の始末を!
  4. 扉を開けて、避難路を確保!

集客施設などでは指示

自動車運転中は、

  1. あわててスピードを落とさない
  2. ハザードランプを点灯するなどして、減速する
  3. 急ハンドル、急ブレーキをさけ道路左側に停車

消火器机の下などに隠れる

不特定多数の者が出入りする集客施設などでは

  1. 施設の従業員の支持に従う!(注:指示がない場合は、以下の対応行動を)
  2. その場で、頭を保護し、揺れに備えて身構える
  3. あわてて出口・階段に殺到しない!
  4. 吊り下がっている照明などの下から退避する

自動車運転中は車の運転中には

「緊急地震速報」の詳細については、気象庁ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます をご覧ください。

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

防災メモ