/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2015年度 > 有義波高・うねりについて

第117回 防災一口メモ (2016年2月)
情報提供:宮古島地方気象台

有義波高・うねりについて

有義波高とは?

 海上の波は、高い波や低い波が混在して複雑です。そこで天気予報で発表する波の高さには、人が目で見た波の高さに近い値である有義波高(ゆうぎはこう)を用います。これは、ある地点で連続する波を観測したとき、波高の高いほうから順に全体の3分の1の個数の波(例えば20分間で100個の波が観測されれば、大きい方の33個の波)を選び、これらの波高を平均したものです。

 有義波高について

 したがって実際は、10分から20分に1回は天気予報の波の高さの1.5倍、2時間から3時間に1回は2倍の波がくることがあるので、注意が必要です。

 波は浅瀬にくるほど、波の高さが高まる性質をもっています。また、波のもつエネルギーは、波の高さの2乗に比例します。例えば4メートル波のエネルギーは、2メートルの波のエネルギーの4倍になります。

 沖合で低い波でも浅瀬にくると、急に高さを増しますので、油断せず注意しましょう。

うねりとは?

 私たちが普段目にする海の波は風によって作られたものです。この風による波が、作られた場所を離れ遠くまで伝わったものを「うねり」といいます。
 風による波は、個々の波の形状が不規則で尖っています。うねりは、形状は規則的で丸みを帯び、風による波よりも波長や周期が長いのが特徴です。

風による波とうねりの模式図 うねりは突然おそってくる

 穏やかな海でもうねりは突然おそってきます。浅瀬や海岸では急激な高波になります。波浪注意報を発表してなくても、台風が遠くにある場合等に、天気予報に「うねりを伴う」という表現があるときには、海水浴等の海のレジャーには注意しましょう。

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

宮古島地方気象台ホームページ http://www.jma-net.go.jp/miyako/このリンクは別ウィンドウで開きます

防災メモ