/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2016年度 > 地震から身を守るために

第120回 防災一口メモ (2016年5月)
情報提供:宮古島地方気象台

地震から身を守るために

~ あわてず、まず身の安全を!! ~

 4月14日最大震度7を観測する熊本地震が発生して現在でも続いています。マグニチュード6クラスの地震は日本のどこでも起こる可能性があります。
 地震による強い揺れを事前(揺れる前)にお知らせする情報として「緊急地震速報」がテレビ・ラジオ・携帯電話等で伝えられます。緊急地震速報を見聞きしてから強い揺れが来るまでの時間は、数秒から数十秒しかありません。即座に身の安全を確保することが基本です。
 周囲の状況を確認するなどして、日頃からいざというときの行動を考えておきましょう。

家庭では

  • 頭を保護し、じょうぶな机の下など安全な場所に避難する
  • あわてて外へ飛び出さない
  • むりに火を消そうとしない

家庭での対応(図)

鉄道・バスでは

  • つり革、手すりにしっかりつかまる

つり革につかまる(図)

エレベーターでは

  • 最寄りの階に停止させ、すぐに降りる

エレベーターでの対応(図)

屋外(街)では

  • ブロック塀の倒壊に注意する
  • 看板や割れたガラスの落下に注意する

ブロック塀の倒壊に注意(図)

自動車運転中は

  • 急ブレーキはかけず、ゆるやかに速度を落とす
  • ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意を促す

 

 自動車運転中の対応(図)

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

宮古島地方気象台ホームページ  http://www.jma-net.go.jp/miyako/このリンクは別ウィンドウで開きます

防災メモ