/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2016年度 > 台風からのうねりについて

第122回 防災一口メモ (2016年7月)
情報提供:宮古島地方気象台

台風からのうねりについて

~うねりは、台風より速くやってきて、台風より長く残ります~

 海水浴シーズンには、例年台風からのうねりの影響とみられる事故が発生しています。台風周辺の高波は、「うねり」として遠くまで伝わります。「うねり」により、海岸付近で急に波が高まったり、流れが強まったりする事があります。台風が遠くにあって天気が良い場合でも、海岸付近では「うねり」に気をつけてください。

宮古島地方気象台ホームページ画像

台風通過後の「うねり」による海難事故の事例
(2015年8月10日午後、宮古島市伊良部渡口の浜で、観光の親子ら3人が死亡。)

2015年8月10日09時の地上天気図
2015年8月10日09時の地上天気図

・台風からのうねりは、時速30~50kmと、台風自体よりも速く伝わる事が多いです。
・宮古島地方の沿岸の海域では、台風第13号から変わった熱帯低気圧と、台風第14号からの「うねり」を伴っていたと推定されます。
・事故当時、波浪注意報や波浪警報は発表されていませんが、現場付近の海域は2メートル程度の波があったと推測されます。

2015年8月20日の渡口の浜の写真
 写真:2015年8月20日の渡口の浜

・うねりは、台風より速くやってきて、台風より長く残ります。
・波やうねりの大きい海岸では、海に入ってのレジャーは避け、「身の安全を最優先」してください。

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

宮古島地方気象台ホームページ http://www.jma-net.go.jp/miyako/このリンクは別ウィンドウで開きます

防災メモ