/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2016年度 > 風の強さと被害、台風の事前対策

第123回 防災一口メモ (2016年8月)
情報提供:宮古島地方気象台

風の強さと被害、台風の事前対策

~最新の情報をもとに、早目の台風対策をお願いします~

 台風が接近すると次第に風が強まり、一般的に平均風速が15メートルを超えると、人は風に向かって歩けなくなり 転倒する人も出てきます。また、瞬間的には平均風速の1.5倍から3倍以上の風が吹くこともあります。風が強くなる前に早めの台風対策を行いましょう。

風速による人、建物への影響

台風への事前対策として

  •  家の外の備えを行う(窓の補強、排水溝の掃除、飛散物の屋内への格納)
  •  家の中の備えを行う(非常用品、水や食料、家の中からの補強)
  •  避難場所の確認を行う (学校や公民館の場所、行き方を前もって確認)
  •  気象台が発表する「台風情報」「警報・注意報」など最新情報の入手
  •  台風接近中は不要な外出は控え、危険な場所へは近づかない

※詳しくは、宮古島地方気象台ホームページ「台風関連の情報」からご覧いただけます。

宮古島地方気象台
 

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

宮古島地方気象台ホームページ http://www.jma-net.go.jp/miyako/このリンクは別ウィンドウで開きます

防災メモ