/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 防災一口メモ > 2018年度 > 沖縄地方はまもなく梅雨の季節〜梅雨期には局地的な大雨・落雷・突風に注意!〜

第143回 防災一口メモ (2018年05月)
情報提供:宮古島地方気象台

沖縄地方はまもなく梅雨の季節〜梅雨期には局地的な大雨・落雷・突風に注意!〜

梅雨期の宮古島地方の雨量

 季節が春から夏に移る間の、特に曇りや雨の多い時期のことを梅雨といいます。

 沖縄地方の平年の梅雨の期間は、5月9日頃から6月23日頃で、宮古島では、年間降水量(永年2021.0mm)のおよそ20%が梅雨機関による降水量です。

 

梅雨期の注意・警戒事項

 梅雨期は、積乱雲により局地的な大雨や集中豪雨の発生が多くなります。低い土地での浸水や傾斜地でのがけ崩れ、落雷や突風、竜巻などに注意、警戒が必要です。

 

急な大雨による災害

低い土地や冠水しやすい道路

浸水した場所に注意

 

雷による災害

雷鳴が聞こえたら建物の中に避難

電柱から4m以上離れる

 

竜巻による災害

頑丈な建物の中へ避難

屋内でもから離れて

お問い合わせ先

宮古島地方気象台 防災業務課
電話:0980-72-3054

宮古島地方気象台ホームページ http://www.jma-net.go.jp/miyako/このリンクは別ウィンドウで開きます

防災メモ