/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災情報 > 自主防災組織作りについて

自主防災組織作りについて

「自分たちの地域は自分たちで守る」を合い言葉に自主防災組織を結成しましょう

自主防災組織とは

自主防災組織とは、「自分たちの地域は自分たちで守る」という、地域住民の連携に基づき、自主的に結成される防災組織のことです。
自主防災組織は、災害の発生時に、住民が連携を取り、互いの身を守るたの防災活動を行います。

自主防災組織の必要性

阪神・淡路大震災でも、救助された人の約8割が家族や近隣の人達に助けられており、消防等の行政機関に救助された人は5%にも満たない状況でした。
大規模災害が発生した場合、一番頼りになるのは隣近所の助け合いです。
もしもの時の災害に備え、地域での防災力を高めることが必要です

災害による被害を最小限に抑える(減災)ためには、「自助」・「共助」・「公助」の連携が重要です。

詳細
『自助』 自分の命は自分で守る
『共助』 自分たちの町は自分たちで守る
『公助』 県・市町村などの行政や防災関係機関による救助・援助等

自助、共助、公助の連携図

お問い合わせ先

総務部 総務課 防災危機管理係
電話:0980-72-3751(代) FAX:0980-73-1645