/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 介護保険・老人福祉 > 介護保険料

介護保険料

介護保険料は、市町村によって3年毎に決められる「介護保険事業計画」によって、その事業の為に必要な市民負担額ということで決められています。また、所得の段階納付方法によって年額や一回に納める金額が異なってきます。現在の宮古島市の保険料に関する事項は以下の通りになっておりますので、参考にしてください。

保険料の決め方・納め方

 65歳以上の方の保険料は所得に応じて決まります。(基準額:7,150円)

平成30,31,32年度
段階 対象者 保険料率 保険料(年額)
1 ・生活保護の受給者
・老齢福祉年金受給者で、世帯全員が住民税非課税
・世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円以下
基準額×0.59 50,622円 
2 世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円超120万円以下 基準額×0.75 64,350円 
3 世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円超 基準額×0.75 64,350円
4 住民税が課税されている世帯員がいるが、本人は住民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年収金額の合計が80万円以下 基準額×0.90 77,220円
5 住民税が課税されている世帯員がいるが、本人は住民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年収金額の合計が80万円超 基準額 85,800円
6 本人が住民税課税で、前年の所得合計が120万円未満 基準額×1.20 102,960円
7 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満 基準額×1.35 115,830円
8 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満 基準額×1.60 137,280円
9 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が300万円以上400万円未満 基準額×1.80 154,440円
10 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が400万円以上600万円未満 基準額×2.20 188,760円
11 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が600万円以上800万円未満 基準額×2.30 197,340円
12 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が800万円以上1,000万円未満 基準額×2.40 205,920円
13 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が1,000万円以上 基準額×2.50 214,500円

納付方法

納付方法
普通徴収 被保険者が納付書にて金融機関等で直接納めます。年額を8回(7~2月)に分けて支払います。
特別徴収 年金の定期支払(年6回)の際に、あらかじめ差し引かれます。障害年金や遺族年金も対象です。
2号被保険者
(40歳以上65歳未満の方)
加入している医療保険の算定方法に基づいて額が決められ、医療分の保険料と併せて支払います。

介護保険料に関しては、納期回数や仮賦課などに応じて、金額に関して複雑になる場合がございます。
わからないことがありましたら、お問い合わせください。

介護保険料を納めないと

納期内に介護保険料を納めないと、延滞金や督促料が発生したり、介護サービスを利用する際に給付制限を受けることになります。
介護保険料をきちんと納め、困ることがないようにしましょう。

お問い合わせ先

福祉部 高齢者支援課
電話:0980-73-1964 FAX:0980-73-1965