/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 介護保険・老人福祉 > 介護保険制度について

介護保険制度について

寝たきりや痴呆などで介護が必要になっても、住みなれた地域で安心して暮らせるよう、介護サービスが受けられる制度です。

介護保険
対象者 第1号被保険者 65歳以上 第2号日保険者 40~64歳
保険料 年金額が月額15,000円 国保では、保険料(税)と一体のものとして納付
以上:年金から天引 未満:個別に納付
介護サービス 介護が必要になったとき、誰でも受けられます。 特定疾病で介護が必要になったときに受けられます。

介護が必要になったら

  1. 介護保険の窓口に申請
  2. 家庭訪問による認定調査・コンピュータ判定
  3. 2の結果と主治医の意見書をもとに介護認定審査会が審査
  4. 要介護認定
    要介護度(要支援から要介護5から6段階)の決定
  5. 介護サービス計画の作成
    介護支援専門員(ケアマネジャー)に介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらう。

介護サービスの利用

  • 在宅
    訪問介護(ホームヘルプ)・通所介護(デイサービス)・短期入所(ショートステイ) 等
  • 施設
    特別養護老人ホーム・老人保健施設 療養型病床群 等

お問い合わせ先

福祉部 高齢者支援課
電話:0980-73-1964 FAX:0980-73-1965