/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 国民健康保険・国民年金 > 国民年金 > 障害年金

障害年金

国民年金に加入中(もしくは60歳以上65歳未満で日本に住んでいる)に 初診日のある病気やケガで政令に定める1級または2級の障害の状態になった人。
(注)初診日とは、障害の原因となった病気やケガではじめて医師の診療を受けた日のことです。

障害年金が受けられる要件

保険料の納付

初診日のある月の前々月までの加入対象期間で、3分の2以上の保険料納付期間(免除期間を含む)があること、または初診日の前々月までの1年間に、保険料の未納がないことが条件です。

障害の等級

障害認定日に政令に定める1級または2級の障害になっていること。または、障害認定日に該当しなかった方が65歳の前日までに該当するようになった場合。
(注)障害認定日とは、病気やケガにより、はじめて医師の診察を受けた日から1年6ヶ月を経過した日。または1年6ヶ月以内に症状が固定した日。

20歳前に初診日がある場合

20歳に達したとき、上記2の要件を満たしていれば、障害基礎年金は受けられますが、本人の所得制限があります。

所得制限
扶養人数 0人 1人 1人増すごとに
本人所得
半額停止
3,604,000円 3,984,000円 380,000円
本人所得
全額停止
4,621,000円 5,001,000円

年金額

障害基礎年金の受給者によって生計を維持されていた子(18歳に到達する年度末の子、1・2級の障害のある20歳未満の子)があるときは加算があります。

  • 1級障害 974,125円
  • 2級障害 779,300円
加算額
加算対象の子 加算額
1人・2人(1人につき) 各224,300円
3人目以降(1人につき) 各74,800円

特別障害給付金

国民年金に任意加入していなかったために障害基礎年金を受けられない人への福祉的な措置として、給付金を支給する制度です。

受けられる人

  • 平成3年3月以前に国民年金の任意加入対象であった学生(ただし、定時制、夜間部、通信を除く)
  • 昭和61年3月以前に国民年金加入対象であった厚生年金・共済年金加入者だった方の配偶者
給付額(月額)
1級障害 51,400円
2級障害

41,120円

お問い合わせ先

生活環境部 市民生活課
電話:0980-72-3751(内線160・162) FAX:0980-72-4777