/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > 行政情報 > 選挙 > 不在者投票

不在者投票

滞在地における不在者投票

 選挙が行われる際、公示日(告示)の翌日から投票日までの間、出張・旅行などにより宮古島市に不在の方は、宮古島市選挙管理委員会に投票用紙を請求の上、滞在している市町村の選挙管理委員会において、不在者投票ができます。投票用紙の往復に時間がかかりますので、早めの手続きをお願いします。請求手続きは、公示日(告示日)以前でも可能です。

病院・老人ホーム等施設における不在者投票(指定施設での投票)

   病院、老人ホームなどの施設のうち、指定された施設に入所されている方は、その施設内で不在者投票ができます。

   沖縄県内指定施設一覧PDFファイル(132KB)

施設の名称 所在地

宮古島市内の不在者投票指定施設の一覧

沖縄県立宮古病院 宮古島市平良字下里427番地1
国立療養所 宮古南静園 宮古島市平良字島尻888
医療法人徳洲会 宮古島徳洲会病院 宮古島市平良字松原552-1
社会福祉法人沖縄県社会福祉事業団 宮古厚生園 宮古島市平良字西仲宗根745-7
特別養護老人ホーム 宮古の里 宮古島市城辺字下里添1042-455
特別養護老人ホーム しもじ長生園 宮古島市下地字嘉手苅660-2
医療法人アカシア会 介護老人保健施設 シルバーケア悠悠 宮古島市下地字嘉手苅660-1
医療法人祐真会 宮古島リハビリ温泉病院 宮古島市平良字東仲宗根添1898-7
宮古拘置支所 宮古島市下地字西里345-5
宮古警察署 宮古島市平良西里1092-1
  • 指定施設にて不在者投票を希望する方へ

    【投票の手順は次のとおりです】
    1.選挙人は病院等(施設)の担当者に投票したいことを伝えます。
    2.投票用紙など必要な書類は入院・入所中の施設の長が本人に代わって代理で請求します。
    3.不在者投票は施設の長の管理する場所で行います。

  • 不在者投票施設のご担当者様へ

    施設における不在者投票事務については、下記の手引きをご覧ください。
     指定施設等における不在者投票事務の手引.pdfPDFファイル(1140KB)
    様式については下記、沖縄県ホームページよりダウンロードしてください
    http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/senkan_i/seido/fuzaisyasiteisietu.html

郵便等による不在者投票

身体に重い障がいのある方や、要介護状態の方が郵送で投票できる制度です。
郵便等による不在者投票を行うには、あらかじめ宮古島市選挙管理委員会に届け出て、郵便等投票証明書の交付を受けなければなりません。また、選挙の際、郵便投票用紙の請求期限は選挙期日の4日前午後5時までと法令で定められております。
郵便投票できる方は以下のとおりです。

障がいの区分 障がい等の程度
郵便等による不在者投票のできる方
身体障がい者手帳をお持ちの方 両下肢、体幹、移動機能 1級もしくは2級
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸 1級 もしくは 3級
免疫、肝臓 1級 ~ 3級
戦傷病者手帳をお持ちの方 両下肢、体幹 特別項症から第2項症
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓 特別項症から第3項症

介護保険被保険者証をお持ちの方

要介護状態区分 要介護5

(注) 上記の対象者で、次の条件に該当する方は、自ら投票の記載をすることができない者として、代理の方に投票の記載をさせることができます。
ただし、あらかじめ宮古島市選挙管理委員会に届け出て郵便等投票証明書(代理記載用)の交付を受けなければなりませんのでご注意ください。

障がいの区分 障がい等の程度
身体障がい者手帳をお持ちの方 上肢又は視覚 1級
戦傷病者手帳をお持ちの方 上肢又は視覚 特別項症から第2項症

特例郵便等投票

 新型コロナウイルス感染症で、「宿泊療養」又は「自宅療養」している方を対象に、投票用紙等の請求時点で外出自粛要請又は隔離・停留の措置にかかる期間が、選挙期日の公示又は告示の翌日から当該選挙の当日までの期間にかかると見込まれる方が郵便等による不在者投票をすることができる制度です。

 ※但し、濃厚接触者の方は対象ではありません。

特例郵便等投票の流れ

1.選挙期日4日前の17時までに、選挙管理委員会へ投票用紙等の請求をしてください。 

 下記の請求書に必要事項を記入の上、郵送(ポスト投函)又は代理人の方が持参してください。
  特例郵便等投票請求書及び記載例PDFファイル(※Eメール、FAXでの請求はできませんのでご注意ください。)
  特例郵便等投票請求書及び記載例(参議院議員通常選挙用)PDFファイル

 郵送の際は、下記の受取人払の表示を封筒に貼付してください。
  受取人払郵便物の表示書式PDFファイル

2.選挙管理委員会から本人宛に投票用紙等を交付します。

3.投票用紙に候補者名を記載してから、投票用紙を内封筒に入れ、さらに外封筒に入れて封をしてください。
 その後、外封筒の表面に投票した年月日と場所を書き、署名してください。

4.投票用紙等は、選挙管理委員会へ郵送(ポスト投函)してください。
 不在者投票期間は、選挙期日の前日までです。投票用紙等は、お早めに返送してください。

請求書および投票用紙等の送付にあたってのお願い

1.ファスナー付きの透明のケース等に入れて郵送してください。(ファスナー付きの透明ケース等が入手困難な場合は、自宅にある透明のケース、袋等に入れてテープ等で密封し、表面を消毒してください。)

2.同居人等へ封筒を渡す場合は、接触しないようにしてください。(忘れずに速やかに投函してください。)

3.同居人等は、必ず作業前後に石けんでの手洗いやアルコール消毒をするとともに、マスク着用及びビニール手袋の着用をしてください。

参考資料