/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > 行政情報 > 統計・調査 > 入域観光客数について

入域観光客数について

宮古島市の入域観光客数に関する統計情報を掲載しています。

平成30年度の入域観光客数の推計値は1,143,031人で、平成29年度と比較して154,688人増加しました。前年度比較増減率は約115%です。

内訳は、空路が688,874人、海路が454,157人。それぞれ平成29年度と比較して空路が64,499人、海路が90,189人の増加となりました。

増加の主な要因は、空路については直行便の拡大です。平成29年度は6月~10月の期間運航であった中部国際空港からの直行便が平成30年度には通年運航となり、平成30年度の6月~10月には福岡空港からの直行便が期間運航しました。

海路については、クルーズ船の寄港回数が平成29年度の147回から153回に増加したこと、船の大型化に伴い一隻当たりの観光客数が増加したことが要因となっています。

クルーズ船については国籍・地域別の観光客数統計を行いましたので、公表します。中国がもっとも多く全体の約40%以上を占め、ついで台湾、香港となっています。

(注)クリックするとPDFファイルで開きます。
ダウンロードは右クリックから「対象をファイルに保存」で行ってください。

お問い合わせ先

観光商工部 観光商工課
電話:0980-73-2690 FAX:0980-73-2692