/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > くらしの情報 > 税金 > 市・県民税 > 特別徴収制度

特別徴収制度

公的年金からの個人住民税の特別徴収制度(年金天引き)の開始

平成21年10月以降に支払われる公的年金より特別徴収制度(年金からの天引き)がスタートします。現在納付書でお支払いいただいている住民税が、公的年金から差し引かれます。

対象者

65歳以上の公的年金等の受給者(当該年度の初日に老齢基礎年金等を受けている方)。
なお、次の人は特別徴収の対象者とはなりません。

  • 老齢基礎年金等の年額が18万円未満の方
  • 特別徴収税額が老齢基礎年金等の年額を上回る方

徴収する税額

公的年金等に係る所得割額および均等割額となります。
※給与所得などに係る所得割額は別途徴収されます。

対象となる年金

老齢基礎年金等

特別徴収の対象税額と徴収方法

初年度(平成21年度)
平成21年度
(初年度)
仮徴収(普通徴収) 本徴収(特別徴収)
課税月 1期(6月) 2期(8月) 10月 12月 2月
税額 年税額の4分の1 年税額の4分の1 年税額の6分の1 年税額の6分の1 年税額の6分の1
  • 普通徴収1期、2期分より年税額の4分の1ずつを徴収します。(仮徴収)
  • 10月、12月、2月支給の公的年金より年税額の6分の1ずつを徴収します。(本徴収)
翌年度(平成22年度以降)
2年目以降 仮徴収(普通徴収) 本徴収(特別徴収
課税月 4月 6月 8月 10月 12月 2月
税額 前年10月から翌年3月までに徴収した額の3分の1 前年10月から翌年3月までに徴収した額の3分の1 前年10月から翌年3月までに徴収した額の3分の1 年税額から仮徴収額を控除徴収した額の3分の1 年税額から仮徴収額を控除徴収した額の3分の1 年税額から仮徴収額を控除徴収した額の3分の1
  • 4月、6月、8月支給の公的年金より前年度分として前年10月以降に特別徴収した額を特別徴収します。(仮徴収)
  • 10月、12月、2月支給の公的年金よりその年度の年税額から8月までに徴収した額を控除した差額の3分の1ずつを特別徴収します。(本徴収)

実施時期

平成21年10月支給分から実施

その他

年金特別徴収が決定された後、下記に該当した場合、年金特別徴収が停止され、普通徴収での納付となります。

  • 追加、修正申告等又は更正により、年税額が変わる場合
  • 介護保険料の年金天引きが停止された場合
  • 該当者が死亡した場合
  • 該当年度の1月1日以後に市外に転出した場合

(注)上記の内容は、平成21年1月現在に確認できたものとなっております。

お問い合わせ先

総務部 税務課 市民係
電話:0980-72-0841 FAX:0980-72-6874