/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > 市の組織 > 市長部局 > 生活環境部 > 健康増進課 > お知らせ > つつが虫病について

つつが虫病について

〇つつが虫病とは
病原体(リケッチア)を保有するダニ(ツツガムシ)に刺された時に感染する病気です。
※すべてのツツガムシが病原体を有しているわけではありません。
ツツガムシはダニの一種で非常に小さいため、吸着しても見逃してしまいます。
また、刺されても刺し口に蚊やノミのようなかゆみや痛みを生じません。
※人から人へ感染することはありません。
〇症状
刺されてから5日から14日程度経過した後、発熱(38℃以上)、発疹、刺し口、リンパ節腫脹等が出ます。
〇刺されやすい部位
脇の下や太もも、腰の比較的皮膚の柔らかい部位を刺されることが多いようです。
〇発生状況
沖縄県内では、平成20年に1人、平成22年1人、平成23年に2人、平成25年に1人、平成26年に2人、平成27年に4人の患者
が発生しており、平成28年は、6月現在で3人患者が発生しています。
つつが虫病は、4月から12月にかけて発生しています。
〇治療
早期につつが虫病を疑い、適切な抗生物質を投与することが極めて重要です。
第一選択薬はテトラサイクリン系の抗菌薬であり、使用できない場合はクロラムフェニコールを用います。
〇予防方法
予防に有効なワクチンはなく、ツツガムシの吸着を防ぐことが最も重要です。
・畑や草むらに入る時は、ツツガムシに刺されないように、長袖長ズボン、手袋、長靴などを着用し、肌の露出を少なくする。
・畑や草むらに入った後は、必ず入浴する。衣服もすぐに洗濯する。
・作業中に脱いだ上着・タオル・帽子等を草むらの上に放置しない。
・地面に寝転んだり、座る込んだりする時は、敷物を使用する。
〇予防啓発リーフレット
 つつが虫病に注意しよう!PDFファイル(823KB)←こちらからダウンロードできます。

お問い合わせ先

生活環境部 健康増進課 予防係
電話:0980-73-1978 FAX:0980-73-1984

お知らせ