/css/smartphone_base.css /css/smartphone_content.css /css/smartphone_block.css /css/smartphone_side.css

トップ > 市の組織 > 教育委員会 > 生涯学習部 > 文化ホール > 宮古島市文化ホール(マティダ市民劇場)の使用について

宮古島市文化ホール(マティダ市民劇場)の使用について

使用の申し込み

 文化ホール使用の流れ図

開館時間

 催し物がある場合: 9時〜22時 (催し物の終演時刻によっては17時までとなる場合があります。)

 催し物がない場合: 9時〜17時      (※どちらも昼休みは基本的に12時〜13時です。)

※入場料や時間帯などで使用料金が異なりますので、施設使用料の表このリンクは別ウィンドウで開きますを確認してから申請するようにしてください。

休館日

毎週月曜日(この日が国民の祝日に関する法律に規定する休日にあたる場合は、その翌日)と年末年始(12月29日〜1月3日)

※上記休館日以外にも、設備の保守点検のため臨時に休館することがあります。

申し込みの受付時期について

利用日の1年前の同月の初日から申請できます。 例:2020年4月に使用する場合の申請受付は、2019年4月1日からです。

受付時間: 開館日の9時〜17時 (12時〜13時は昼休みです。)

 受付初日において同一日の申請が多数の場合は、宮古島市内の団体で芸術活動のものを優先します(該当する申請が2団体以上の場合は抽選を行い決定します)。 受付日が2日目以降の申請にかんしては先着順となります。

※空き状況については劇場へお問い合わせください。

申請書類について

1 次を提出してください。

 ●文化ホール利用許可申請書  ●附属設備利用許可申請書

(1)次は該当する場合のみ提出してください。

 ●文化ホール使用料減免承認申請書

使用時間にかんする注意点

使用時間には準備や後片付けなどの時間も含まれますので、無理のないよう全体的に必要な時間を考慮し、利用申請を行うようにしてください。

使用期間中は、使用者が劇場の管理責任者となりますので、場内整理員を配置するなどして管理に万全を期してください。

使用料の納付

使用料には ①ホール使用料 ②附属設備使用料 があります。 ※通常①②とも納付が必要です。

利用申請の受付後、「①ホール使用料の納付書(納入通知書)」を発送しますので、金融機関等で料金を納付してください。納付が確認できましたら「文化ホール利用許可書」を交付します。

催し物が終了した後で、使用した機材などの使用料を算出し「②附属設備使用料の納付書(納入通知書)」を発送しますので、こちらも速やかに納付してください。

使用前の準備手続き

事前打合せ

催し物の開催日の少なくとも1週間前までには、設備の使用方法や付属設備の使用などについて劇場側と打合せを行ってください。
劇場との打合せには、催し物のプログラム、ポスター、チラシ、入場券、進行スケジュール等を持参してください。

他機関などへの届出が必要な場合

催し物について、他機関への届出も必要となる場合は、文化ホールの利用許可がおりた後で催し物の開催に間に合うよう届出を行い、許可を得ておくようにしてください。

火気(煙草、煙、ローソク、スモークマシン等)を使用する場合

宮古島市消防本部
〒906-0013 宮古島市平良字下里1792-6 (0980-72-0943)

音楽等の著作権に関するもの

(社)日本音楽著作権協会那覇支部
〒900-0015 那覇市久茂地1-3-1 久茂地セントラルビル7F (098-863-1228)

使用上の注意

ホールからのお願いと注意PDFファイル(749KB)

注意事項

  • 入館の際は使用許可書を提出し、係員の指示を受けてください。
  • 入場者の秩序を維持するため、必要な整理員をおくこと。
  • 所定の場所以外で飲食、喫煙、又はこれらに類する行為をしないこと。
  • 許可を受けないで劇場内外で物品を販売したり、展示したりしないこと。
  • 許可を受けないで施設および器具を使用しないこと。
  • 許可を受けないで壁、柱等にはりがみ、釘打ちなどをしないこと。
  • 雨天の際は、雨具入れを備えて入場者の便宜を図ること。

損害賠償

劇場の施設および付属設備をき損し、または滅失した時は、原状に復し、その損害を賠償していただきます。

その他

入場者の駐車スペースがありませんので、入場券などにその旨記載されるようお願いします。

施設使用料

利用料

※冷房料金 1時間につき5,250

文化ホール使用許可申請書

下記の申請書類をご利用ください。

使用申請時に提出

附属設備使用許可申請書の添付漏れが多く見られます。

文化ホール利用許可申請書・附属設備使用許可申請書は必須書類ですので必ず提出してください。

 

打ち合わせ時に提出

使用時間等を変更したい場合に提出

使用を取りやめる際に提出(還付申請は還付が発生する場合のみ)


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。